採用支援には、人材採用を支える仕組みと、企業をサポートする二種類があります。前者の採用支援は、企業が求める能力を見極め、的確にスキルアップ出来るように、成功に向けて手助けが行われます。能力が足りていなければ、企業の採用基準を満たしませんし、能力があっても発揮出来る場が見付からないと、宝の持ち腐れになってしまいます。一方の後者は、人材よりも企業寄りの採用支援で、求める人材がどのように集められるか、これが仕組みを活用する上での焦点です。企業向けの採用支援の特徴は、会社や店舗のイメージチェンジがアドバイスされたり、情報提供や求人の出し方についても、的確に指摘される点にあります。また、求人情報は一歩踏み込み、求める人材が何処に集まるかを踏まえ、効果的な方法が採用支援で発揮されます。

採用支援は企業が求める人材集めのサポート

企業は業種に限らず、有能な人材を少しでも多く、長期的に採用したいと考えるものです。一般的に、企業は人材を選べると思いがちですが、そもそも人材が集まらなければ、希望の採用を実現することは不可能です。実際は、人材側にも企業を選ぶ権利があるので、魅力的に見える会社であること、これが人材を求める企業にとって重要です。採用支援ではまさに、企業の魅力を引き出したり、魅力的に見られるようにサポートされます。ただ、見た目だけ魅力的に見せても、面接後に採用が断られれば、採用という最終的な目的を達成することは出来ません。採用支援は、会社の表面的な魅力に加えて、企業が本来秘めている魅力を引き出し、求める人材が集まるように、コンサルティングを行うことが特徴です。状況の客観的な分析を経て、問題点の改善を行い、人材採用を理想的な姿に近付けることが、採用支援の仕組みそのものといえます。

採用支援によって企業の活性化と組織作りが促進

採用支援の効果は、特定の業界に留まらず、幅広く応用され活用に至っています。例えば、アパレル業界では採用者の性別が偏りがちで、バランス良く採用したい、というニーズがあります。女性中心の雑貨店は、男性の採用を行っているものの、極端に採用が少ないことが悩みでした。問題の原因は、見た目から受ける印象と、実際の現場でのギャップにあり、上手く改善することで解決しています。具体的には、女性向けの職場先行のイメージを払拭し、男性でも働き甲斐があると、全面に強調した点が挙げられます。人材の採用において、技術を持つ人が不足しているメーカーでは、広範囲向けの採用情報提供に加え、特定のターゲットに狙いを定めた採用方法の導入で成功しています。狙いを絞り込み、的確に情報提供を行うという、採用支援なアドバイスによって、企業が抱えていた悩みが解消しました。これらの事例は、あくまでも全体の一部に過ぎませんが、どれも採用支援に共通していることがポイントです。企業向けの採用支援は、人材不足の解消に有効で、一定以上の効果が得られる期待感があります。

受付時間は平日の9:00~18:00になります。 電話でのお問い合わせを受け付けいます。 Indeedから自社サイトに誘導することで応募者を増やします。 ホームページ制作会社へ依頼する必要がありませんので、随時採用ページの更新が可能です。 人材紹介会社を複数利用している会社様でもスムーズな利用が可能です! 採用支援システムの見直しを検討されている方はこちらをチェック!