最近、採用支援サービスが大きな話題になっています。採用支援サービスとは、企業にとって大きな問題である企業にとって必要な人材を効率的に採用するために様々な支援業務を行うサービスを指します。人材の採用は企業の業績を高めるために重要なものであるだけでなく、企業の将来を背負う人材を育成するためにも非常に重要なものですが、その人材を採用するために多くの人的リソースと費用を費やしている企業も少なくありません。しかし、その割に理想の人材を雇用できないという企業も多く、その対応に頭を悩ませている担当者も多いものです。採用支援サービスはこのような企業の人材採用の効率を側面から支援し、効率的な採用業務を行えるようにすることを目的としたサービスで、多くの企業で利用されています。

採用に対する考え方から支援します

優秀な人材を採用するためには出来るだけ多くの応募者から良い人材を採用するのが良い方法であると考えている企業は少なくありません。しかし、その為には多くの応募者に対して試験や面接を行い、選抜する古都が必要で、膨大な人的リソースと費用が掛かってしまうものです。又、応募者の中には明らかに適正が無い人が応募をすることも多いため、そのような人に対応することは決して効率的な事ではありません。採用支援に於いてはこのような考え方から見直し、より優秀な企業に貢献できる人材を効率的に採用する方法を担当者にレクチャーすることで、募集の方法、および選抜の方法を見直し効果的に良い人材を選ぶことが出来るように支援します。企業説明会の場所や方法、またそのプログラムの立案や、実際の選抜方法も支援してくれるため、効果的な人材発掘が行えます。

内定者のフォローなど良い人材を逃さない支援を行います

優秀な人材を確実に獲得するためには、人材の募集だけではなく、内定者の入社までのケアも非常に重要な課題となります。現代のように就職が厳しい状態では、学生などは複数の企業へのエントリーを行い、出来るだけ多くの内定を獲得しようとする人も少なくありません。その為、内定をしても必ず入社してくれるという確率は低くなっており、内定後にどれだけのフォローを行うかで入社するかどうかが決まるとも言われています。採用支援サービスでは内定者が入社したい気持ちになる様な様々なカリキュラムを提案するとともに、実現に当たってのサポートも行ってくれます。さらに、内定者の意識を推測し確実に入社するかどうかの予測を行い必要に応じセミナーを実施するなど優秀な人材の確保を支援する活動を行うサービスです。