会社にとっての一番の財産は人材と言われています。そのために、各会社は人材確保に工夫を凝らし、最近では採用支援を利用する会社が増えています。採用支援を活用する一番の目的は、優秀な人材を自社に効率的に採用することですが、採用を担当する人事部門の社員のスキルを向上させることも大きな目的です。優秀な人材を確保するためには、求人市場を的確に分析し、競合他社動向を把握しながら、より効果的な募集をかけていかなければなりません。また、社員を選考するためには、限られた情報を基に、その会社にとって真に必要な人材か否かを見抜くスキルが必要となってきます。こうしたことから、採用支援は単に人材確保のためのサービスとして活用するのではなく、そのノウハウを習得し採用部門のエキスパートになる社員育成も合わせて行うことが重要なのです。

社員募集における採用支援のメリット

会社が人材を確保するためには、インターネットやハローワークなど、様々な募集経路を用いて、募集広告を出していかなければなりません。しかしながら、求人数が多い業種や、高度な専門知識が必要となる部署では、単に広告を出しただけでは人材を確保することはできません。会社が求める人材の求人市場どのような現状にあるか、また、競合他社がどのような募集経路を用いて人材を集めているのかを詳細に分析し、どの媒体に募集広告を掲載するのか、基本給を含めた労働条件はどう設定するのかなど、独自の戦略を立てる必要があります。そのためには、豊富な経験値と専門的なノウハウは当然として、こうした戦略を立てることができる社員が必要不可欠になることから、社員育成踏まえて採用支援を活用する会社が増えてきており、確かな実績を残しています。

社員選考における採用支援のメリット

いくら求人広告に対する応募者数が多くとも、その全てが優秀な人材とは限りません。むしろ、会社の実情に適する人材の方が少ないと考えた方が良いでしょう。そこで、応募者からの選考がとても大切になり、筆記試験の結果や限られた時間での面接試験で、こういった人材を見抜く高度なスキルと経験値が必要になります。筆記試験や適性試験に出題すべき問題や、面接試験での質問事項はもとより、面接会場や控室での態度など、様々なポイントを体系化し整理しておくことで、優秀な人材を確保できる可能性は格段に異なります。こういった観点からも採用支援は大きな力を発揮しますし、自社の人事部門がそのスキルを習得することにより採用のみならず、昇進試験等にそのノウハウが活かされることになり、人事部門の強化にも繋がるのです。