採用支援とは、会社が人材を募集するさいに会社にとって有益な人材を集められるように支援してくれる経営支援のひとつです。人事の採用は専任担当者が一般的には行うものですが、会社の規模によっては毎年必ず募集するわけではありませんし、採用する人数に関しても事業計画によって大きく変動してきます。このような流動性のある雇用状態においては、人事に掛けるコストは流動的になり、無駄になるケースもあれば反対にその能力が足りなくなるというケースもあります。このために必要に応じて採用支援を利用することで無駄な人件費を減らすことができ低コストで済むメリットがあります。また採用支援を利用することで安定した品質の人材募集をすることができますし、採用コスト、管理コストも抑えることが可能です。

採用支援とは?有益な人材を集める方法

採用支援は、経営支援のひとつで会社が必要とする人材の採用を支援してくれるものです。会社は人によって成り立っており、有益な人材を集めることが会社を発展させる上で不可欠なものですが、大規模な会社を除けば人事部に充てられる人材の数は限られています。このためノウハウも手探りで結局は縁故採用ということになり、その結果、会社の活動能力が低下していくリスクがあります。このようなリスクを避けるために外部からの採用を目指すわけですが、実際のところどのようなプロセスで採用して良いのかわからないといったことが多く、また失敗するリスクもあります。そのような採用に関するコンサルティングをするのが採用支援になります。採用支援は豊富な経験に基づいてクライアントが目的とする人材の確保を支援してくれます。

採用支援を利用したさいのメリットとデメリット

採用支援のメリットは、採用に関わる従業員への負担軽減があり、また管理コストを減少させることができます。また人事の採用では継続的に募集を行っていればそのノウハウも蓄積されますが、近年の景気の流動性の激しさなどから、継続的な募集が困難で、そのため毎年必ず採用をするとは限りません。このような時には自社で人事専任の担当者を置くよりも採用支援を利用した方がコストは低くなります。一方でデメリットとしては、やはりコストが掛かるということです。仮に毎年人材を募集し採用している場合においては採用支援を利用するよりも専任担当者にノウハウを蓄積させる方が低コストで有益です。また場合によっては正規採用ではなく派遣社員を利用したり、採用するかどうかは数ヶ月ほどの雇用を見て行うといった方が低コストで済むケースがあります。